profile

焚き火文化舎社長 荒井浩一あらいこういち

昭和39年生まれ(札幌市在住)
 登山とキャンプをこよなく愛し、株式会社焚き火文化舎を設立して焚き火の魅力を一過性のブームではなく文化まで高め広く伝える為に活動中。


忙しい現代人の日常から心を解き放ち、
贅沢な時間を与えてくれる特別な場所『焚き火cafe』

自然に恵まれた札幌の中でも三角山は頂上から市街を一望でき、ゆっくり登っても一時間弱なのでお子さんからご年配の方まで気軽に自然を楽しめる山ですが、その麓にカフェジミーブラウンと併設された焚き火cafeがあります。焚き火の魅力は精神的安定とコミュニケーションツールになることです。焚き火の炎には1/fの揺らぎといわれる人の五感に安らぎと安心を与えてくれる作用があるそうです。また焚き火を囲めば適度な距離感と一体感の中、他者とのコミュニケーションを自然な形で促してくれて批判や否定のないフラットなつながりを作ることができるのです。焚き火カフェは全国的にも珍しい室内!で天候に左右されることなく準備や後片付けも必要のない焚き火のいいところだけを体験できます。コロナ禍が続きなかなか終わりが見えない中で疲れた心を焚き火と美味しい珈琲や焼きマシュマロで癒してください。勿論、焚き火×お酒も愉しめますよ。

#だから札幌が好きなんです
[SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです [SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです
一覧へ戻る
PAEG TOP