profile

小説家 小路 幸也しょうじゆきや

北海道生まれ。札幌の広告制作会社に勤務しながら小説を書き始め、2002年に「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」で第29回メフィスト賞を受賞して作家デビューする。TVドラマ化された代表作「東京バンドワゴン」シリーズや映画化された「東京公園」のほか、「国道食堂」「花咲小路」シリーズなど著書多数。


〈北海道開拓の村〉へどうぞ

〈北海道開拓の村〉は、緑豊かな〈野幌森林公園〉内に、明治から昭和初期にかけて造られた北海道各地の建物を移築し復元、もしくは当時のままに再現した野外博物館だ。きっと札幌及び近郊の方なら、学校行事や何やらで、一度は足を運んだことがあるのではないか。
 僕は昭和36年生まれなので、ここに集められた建物がまだ現役の頃を知っている最後の世代かもしれない。移築される前に街中で見た建物もあるし、幼い頃に住んでいた家とほとんど同じような造りの家だってあるぐらいだ。
 自分の幼い時代の物語を書くときに、イメージや時代の空気感というものを掴み直すためにここをよく訪れていた。まだ幼かった子供たちも一緒に連れてきていたのだが、昔の遊び道具に目を輝かせて遊び、古い道具や建物に興味津々で走り回っていた。
 古き時代の浪漫に思いを馳せるも良し、ひとときのノスタルジーに浸るも良し。きっとどんな年代の人でも楽しめるはずだ。

#だから札幌が好きなんです
[SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです [SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです
一覧へ戻る
PAEG TOP