profile

作曲家、I've代表取締役 高瀬一矢たかせかずや

札幌市を拠点に活躍するサウンドクリエイター集団、I’ve代表。メインコンポーザーとして、ゲーム楽曲からKOTOKOをはじめとする歌姫のプロデュースまでをトータルに手掛ける。PCゲームのBGMやテーマソング、アニメ主題歌などを数多く制作し、過去に2度の武道館公演も行う。シーンのカリスマ的な存在として世界中にファンを持つ。


偶然が偶然を呼ぶ、僕と『Caffeine札幌』の数奇な出会い…。

僕とCaffeine札幌との出会いは、偶然が重なったとても数奇なものでした。

「偶然は良く起こります、そして偶然はバカに出来ません、しかし偶然は信用出来ない…」(カーデシア人秘密諜報部員ガラクの言葉)

昔僕はバンクーバーに自作の音を持って3度程渡航したことがあります。レコード会社に音を聴かせたり、クラブでライブをするためです。帰りはロサンゼルスに寄り、短い時間ですが観光を楽しんだりしていました。ロスの街をスムージーを飲みながら歩いていると、何処からともなく若い青年が寄って来て、「このビラあげるよ、今夜パーティーがあるから来てね」と、なんだかメチャクチャクールなデザインのビラを受け取りました。何枚か欲しかったのでビラの置いてある場所を聞くと、「この先のお店に沢山置いてあるよ」というので早速行ってみました。そこはアパレルショップで、なんと試着室がピラミッドになっているのです。心臓を鷲掴みにされた僕は、パンツやシャツを何枚か買って札幌に帰ってきました。

時はたったある日、ロスで買ったパンツを履いてとあるお店に入いると、店員さんが寄って来て「そのパンツってCaffeineのですよね!札幌で着てる人始めてみましたー!」と興奮気味に言うので、Caffeineって何すか?と聞くと、「ニューヨークにあるブランドなんですけど、札幌にもありますよ!」と。

僕は当時あったお店の場所を聞くと、すぐに向かいました。なんとそのお店は、ビルの2階の一室にあったんです!僕の想像していた服屋さんとのギャップに驚きつつも部屋の中に入りました。そこには、ところ狭しと並べられたカッチョ良い洋服の数々が…あぁ、やっと見つけたかも…。そして、ここでも僕の心臓は鷲掴みにされました。店内の至る所にSTAR WARS関連の品々が飾ってあるじゃありませんか!もうダメです…。すっかりこのお店と店長さんを気に入ってしまいました。

こんな感じで、まさに偶然が僕とCaffeine札幌を出会わせてくれたのです。

僕達 I’ve は、2005年2009年と2度、日本武道館でライブを行っていますが、その時のメンバーのステージ衣装は殆どCaffeineさんで揃えました。Caffeineは日本では札幌にしかありません。そして、今もI’veのファン達の交流の場として、我々の隠れ推しスポットとして、札幌にあり続けているのです。

注)Caffeine札幌とは、札幌市中央区南3条西4丁目にあるアパレルショップです

#だから札幌が好きなんです
[SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです [SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです
一覧へ戻る
PAEG TOP