profile

彫刻家 谷口顕一郎たにぐちけんいちろう

1976年/札幌生まれ。
ドイツ・ベルリンと札幌を拠点に活動する彫刻家。札幌市民交流プラザにて公共彫刻の設置を手がける。第1回本郷新記念札幌彫刻賞受賞(2015)。ポロック=クラズナー財団(2017)や日本文化庁新進芸術家海外派遣制度(2008-2010)研修員。主な展覧会に、アムステルダム国立美術館、ロッテルダム歴史美術館、A4美術館(中国・成都)などがある。


創成川緑地 -ポプラ並木を茨戸まで-

JR学園都市線の創成川橋梁から始まる創成川緑地は、そこから北に4、5キロ続いており、子供の頃からお気に入りの散歩コース(遊び場)です。道行きでは、川を覗いて野生の鯉を探したり、札幌で最長と言われる見事なポプラ並木を眺めたり、鴨の卵をみつけたこともあります。すぐとなりを街の大動脈である石狩街道が走っているのですが、その車のスピード感に対して、のどかでゆっくりと流れる時間に浸れます。
 緑地の終点近辺では、創成川・発寒川・伏籠川の3河川が茨戸川(旧石狩川)に合流するという、ダイナミックな風景が現れます。観音橋付近では、治水学者・岡崎文吉(1872-1945)が開発した護岸ブロックが、100年を経た今でも現存しその機能を果たしています。この貴重な遺構も一見の価値ありです。そんなことも知らず、幼い頃から何度その上で釣りをしたことか。子供にはちょっと立派過ぎる遊び場ですね。今でもこの川の匂いを嗅ぐたびに、僕の中の少年が目を覚ます気がします。

#だから札幌が好きなんです
[SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです [SNSへ投稿しよう]札幌市制100周年。札幌の「推し」をみんなで語ろう! #だから札幌が好きなんです
一覧へ戻る
PAEG TOP